ご挨拶GREETING

オプジーボTM、キイトルーダーTM をはじめとする「免疫チェックポイント阻害薬」は、多くの癌腫で画期的な治療効果を示しています。有効例では数年にもわたる長期の癌コントロールが可能であり、治療中止後にも関わらず効果が持続することも報告されています。一方で、治療開始後早期に病勢増悪を認める無効例が約半数に見られることも事実です。高価である故に医療経済に与える影響が指摘されており、治療前・早期に治療効果を予測し、適切な症例に適切な免疫療法を届ける方法の解明は急務です。

この医学的、社会的課題に対し、埼玉医科大学の教授 各務 博は、がん患者さんの末梢血に含まれる免疫細胞の種類(特許出願中)をバイオマーカーとして「免疫チェックポイント阻害薬」の効果を判定する技術を開発し、実用化を可能としました。

当社は、このバイオマーカーを迅速に医療現場に届けることをミッションとして、埼玉医科大学発ベンチャーとして立ち上がりました。

私達は、世界の全てのがん患者さんの治療に貢献していくことに邁進していきます。

埼玉医科大学発ベンチャー
イミュニティリサーチ株式会社


お知らせTOPICS