log_img
株式会社 克技術設計について
土木全般の設計、測量や調査、補償コンサルタント業を行います。
国・県・市町村が発注する、道路や河川をはじめとする土木全般の設計計画を主体とし、それに伴う測量・土質調査・補償コンサルタント業を行います。その中で幣社は、道路の設計計画を中心として橋梁、擁壁、防雪対策等の構造物を得意としています。
log_img
お知らせ・更新情報
■2018.09.01 見てけらっしゃい 更新 (09月の一言掲載)

■2018.08.01 見てけらっしゃい 更新 (08月の一言掲載)

見てけらっしゃい

2018年 9月 1日

今年の夏は、気温35℃前後の日々が続く酷暑と、それに追い打ちをかけるように梅雨前線の停滞や台風の頻発による豪雨災害が発生し、多くの犠牲者と甚大な被害をもたらしました。山形県では、最上地区を中心に庄内、北村山地区と道路や河川の被害が増大しました。
  インドネシアのジャカルタで開催されたアジア大会の16日間が、閉幕を迎えます。日本は、金メダル75個を始め合計メダル数205個と、各種目での活躍がありました。特に、競泳女子の池江璃花子選手は、金メダル数が個人種目4個と団体とを合わせて6個を獲得し、大会最優秀選手の栄冠を勝ち取りました。この大会で2020年に向けての自信に繋がった選手と、思うように結果が出せず課題を克服しようと先を見据える選手もいたようです。東京オリンピックが楽しみです。
  ここ東根市では、先日の8月19日、任期満了に伴う市長選挙の告示を迎えました。現職の土田正剛氏の他に立候補者が無く、6期連続の無投票当選を果たしました。土田市長は、果樹王国を背景に「さくらんぼ」に拘ったネーミングや施策、子育て支援や中高一貫校の誘致による子育てと教育の充実、PFI方式による公共施設の建設、山形空港の増便と利用拡大等を実現し、県内唯一の人口が伸びる町へと東根市の舵取りを行ってきました。これからの4年間は、国道48号の高速化に向けて力を注ぎ、「重要物流道路指定」の実現への道筋を立てたいとしています。
  秋と言えば、秋刀魚の季節がやって来ました。今年の秋刀魚は、豊漁との事で、美味しい味覚を満喫できそうです。

(秋風に揺らぐコスモスの花)


2018年 8月 1日

6月28日から7月8日にかけて、西日本を中心に台風7号と梅雨前線の影響で集中豪雨が甚大は被害をもたらしました。「平成30年7月豪雨」と気象庁が命名したこの豪雨は、広範囲におよび被害をもたらし、この11日間の総降水量が四国地方1800mm、中部地方1200mm、九州地方900m、近畿地方600mm、中国地方500mmを超え、多くの地点で48時間、72時間雨量の観測記録を更新しました。犠牲者数も220名を超え、広島県、岡山県、愛媛県等の多く方が亡くなられました。犠牲になられた方々や被災地の皆様に、ご冥福とお見舞いを申し上げます。
スポーツ界では、アメリカンフットボールの悪質タックル問題から、先日、日本ボクシング協会の勝敗判定問題が取り沙汰され、大きく報道されました。スポーツは、「スポーツマンシップに乗っ取り..。」と言われる様に、誰もが公平で正々堂々と競技するものであり、個人的な感情や組織の意図的な判断をしてはいけないものです。特に権力の有る者は、個人的感情を抑え、次世代を担う子供たちが夢見るスポーツを堅持して行かなければならないと思います。

H:\Dドライブ\その他\写真\H30\H30-7-24(アサガオ)\IMG_4604.JPG

(玄関先のアサガオの花が、猛暑に負けじと踏ん張っています。)


2018年 7月 1日

国会は、6月29日の参議院議員本会議で「働き方改革関連法」が成立しました。「時間外労働(残業)の罰則付き上限規制」、「脱時間給(高度プロフェッショナル)制度の創設」、「同一労働同一賃金の実現」、「インターバル制度を努力義務化」等が、2019年4月から施行されることになりました。一部の専門職を労働時間の規制から外す事は、我が国の労働形態の転換点を迎えることになります。労働者と企業が、互いに働きやすい改革であればと願うところです。
また、政府は、人口減少が進んで行く地方の都市機能を維持する目的で、公共施設や病院、商業施設等を大規模都市に集中させ、複数の自治体で構成する「圏域」単位のまちづくりを促進させる法整備を行う方針を固め、2019年の通常国会に関連法案を提出する事となりました。
人口減少が進む中で、この様な「圏域」単位のまちを形成する事により、大都市の利便性の向上や集客の安定により人口減少の抑制効果が高まるのに対して、隣接の都市の衰退を招く事の無いように、大都市と隣接小都市とのネットワーク強化を如何に計画するかが重要な鍵になると思います。
サッカーのワールドカップロシア大会は、日本が予選リーグをグループ2位で突破し、16強の決勝トーナメント進出を果たしました。初戦は、世界3位のベルギーを相手に、2得点を先制し2回戦への期待が高まりましたが、その後2得点を許し2対2となり最後のアデショナルタイムで1点を追加され、2対3で惜しくも8強入りを逃しました。しかし、日本チームは、素晴らしいプレーをしました。大いに誇れる物であり、胸を張って帰国して欲しいと思います。

(ヒペリカム・カリシナムの遅咲きの蕾が、梅雨空の中で開花の時を待っています。)


2018年 6月 1日

今月は、東根市に於いて1年で最も観光客が訪れる月です。「そうです。」さくらんぼの収穫期を迎えるからです。更に、昨年から「東根さくらんぼ」としてGI(地理的表示)認証を得たことから、益々集客を拡大するものと思われます。
  また、6月12日は歴史的な米朝首脳会談の開催が予定され、6月14日~7月15日にはサッカーワールドカップのロシア大会が行われることから、大変な寝不足が予想されます。
  我が家でもさくらんぼの収穫が目前となり、心身ともに体力を消耗して気力に任せる日々がやってきます。さくらんぼ農家は、誰もが6月が早く終わればと願うことでしょう。
(GI登録「東根さくらんぼ」のオリジナル化粧箱)


2018年 5月 1日

平成7年5月1日に設立した弊社は、本日で23年を経過致しました。無我夢中の23年間でしたが、皆様方に支えられながら社員一丸となり、一歩一歩、歩んで参りました。これからも、目まぐるしく変化して行くグローバル化社会の中で順応性を持ち、改革すべき点と堅持すべき点を見極め、次の一歩を歩んで行きたいと考えております。
これからも私共克技術設計へ、皆様方のご指導ご支援の程を宜しくお願い申し上げます。
先日(4月27日)、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩労働委員長による南北首脳会談が行われました。軍事境界線上の板門店で、両首脳が手を取り合い境界線上を笑顔で渡り合う光景は世界を驚かせました。また、劇的なこの会談の中で、真摯に向き合い堂々とした金正恩の姿は、核実験と大陸間弾道弾ミサイル発射を繰り返す異端児的な姿とは似つかぬ、好印象を与えるものでした。その落差に殆んどの方が戸惑われたのではないでしょうか。両首脳の会談は、「南と北の完全な非核化を通じて、核のない朝鮮半島を実現するという共同の目標を確認した。」と明記されました。それは、意図的な演出ではなく、真の意思表明であることを強く願う次第です。
野球界では、広島カープの鉄人と言われた衣笠祥雄氏(71歳)が先日4月23日にお亡くなりになられました。2215試合(17年間)連続出場の日本記録は、正に鉄人と言われる所以であり、彼の野球に架ける真の魂がそこにあったように思えます。ご冥福をお祈り申し上げます。
今年の桜の開花は、平年より一週間程度早く私たちを楽しませてくれました
(我家の玄関前の八重桜)


2018年 4月 1日

平成30年度がスタートし、4月2日月曜日は、各職場に於いて新入社員の入社式や辞令交付式が執り行われます。弊社に於いても新入社員を迎え、新たな仲間入りに社内全体が活気づく思いで新年度を迎えます。
先月25日~28日に、北朝鮮最高指導者の朝鮮労働党委員長金正恩氏が訪中し、中国の習近平主席との突然の会談が報じられました。また、4月27日には南北首脳会談、5月末には米朝首脳会談と、核・ミサイル実験を繰り返し、孤立して行く北朝鮮の動きがここに来て急変し、会話への行動に期待と疑問が交錯します。平和への会談となることを強く願います。
国会に於いては、「加計学院」に次いで「森友学園」の問題解明に焦点がおかれ、「公文書改ざん」に対する財務省理財局の答弁、安倍首相夫人の関与等について質疑が繰り広げられています。安倍内閣の支持率が、40%を切るのは目前となっています。
しかし、国民から選出された議員による国会の論戦が、これからの日本の方向性や将来の理想像についての話し合いではなく、組織や人としての基本的な行いに対する問題に時間を費やしていることが残念でなりません。
今年の春は、例年より気温が上昇し、桜の花の開花も一週間程度早いようです。弊社前の街路樹の「ハクモクレン」も、数日前に開花しました。天を仰ぎ力強く開花するハクモクレンの花は、これからの私達の行動や思いを後押ししてくれるような思いがします。
(空に向かって力強く開花する「ハクモクレン」の花)

2018年 3月 1日

今日から、大学生の就職活動が解禁となり、学生への企業説明会が開始されました。今年も売り手市場の状況に、企業は人材獲得に必死です。特に地方の中小企業にとっては、新卒者の獲得難が将来の会社の存続に大きく影響するため、その取り組みは真剣です。
その背景には、団塊の世代の退職による労働力の確保にあります。また、日本の人口が少子高齢化により急激に減少し、労働力人口も1995年で8000万人を超えていたが、その後減少の一途をたどり2060年に4400万人と半減すると推定され、各企業とも労働力確保への危機感にあると思われます。
国は働き方改革として、課題となる「長時間労働」、「非正規と正社員の格差」、「労働人口不足」の改善に対して、女性や高齢者の就労促進、ワークライフバランス等を図り課題を解消しようとしています。
国会では、働き方改革関連法案として「時間外労働の上限規制」、「同一労働同一賃金の実現」、「脱時間給制度の創設」等を柱とする法案の成立を目指しています。しかし、「裁量労働制の拡大」について審議は、厚生労働省の調査結果に疑義が生じたことから断念し、実態を十分確認してから議論し直すものとなりました。
先月26日、2018平昌冬季オリンピックの連日の熱戦が閉幕しました。今大会は、メダル獲得数過去最多の13個と日本人選手の活躍が目立ちました。怪我の完治を待たずに出場し二大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手、スピードスケート500mで大会新記録の小平奈緒選手、スピードスケートやパシュートで金銀銅の3個のメダルを獲得した高木美保選手、金メダル2個を獲得した姉の高木菜那選手、金メダル候補のプレッシャーを受け銅メダルの獲得でホッとした笑顔を見せた高梨沙羅選手、45歳で出場し4年後の北京への挑戦に燃える葛西紀明選手等、数々の選手達のこれまでの努力とひたすら前を見つめる姿に感動を頂きました。

4439299372

2018年 2月 1日

今年の冬は、山形の大雪は勿論、東京での積雪や氷点下の気温と、交通機関や生活に大きな影響を与え、関東地方は一時期麻痺状態となりました。また、インフルエンザの大流行で、今期のインフルエンザ累積受診者数が1100万人を超え、1医療機関当りの患者数が50人以上と、記録的な状況になっています。それは、インフルエンザB型の流行が例年より早く、A型の流行と重なった影響とも言われています。公共事業に携わる私達の業界は、今月、来月と忙しさのピークを迎えます。インフルエンザに負けない、特効薬が欲しいものです。
先月31日で、山形市の駅前にある百貨店「十字屋山形店」が閉店しました。1971年(昭和46年)に創業し、地上8階地下1階の店舗は、山形駅前の顔として広く市民に愛され、街の賑わいの象徴でもありました。私も創業間もない頃、山形の高校に通い、部活の休みの日に友達と店内を散策した思い出がよみがえってきます。ビルの耐震基準の対応問題により営業終了とされていますが、その事による山形駅前の賑わいの低下とならなければと願うところです。
2月8日から「2018平昌冬季オリンピック」が開催されます。スピードスケート、フィギュアスケート、スキージャンプ、スノーボード等、日本人選手の活躍が期待されます。2月25日まで続く熱戦に、目が離せません。

(白銀の大地と奥羽山脈の稜線)


2018年 1月 1日

今年は、昨年末から大雪に見舞われ山形らしい積雪の新年を迎えました。
新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。
今、我が国は、これから急速に進む少子高齢化対策に向けて、ICTやAI技術の開発や活用により、安全で安心して生活できる社会空間を実現しようと研究を重ねております。日常生活での車の自動運転や、人間により近いAIロボットとの生活は、時間の問題となってきました。
しかし、東日本大震災から間もなく5年を経過しようとしていますが、原子力発電ゼロの考えが次第に薄れつつあります。ところが、自然エネルギーを利用した発電は、太陽光、風力、水力、波力などがあるが、安定して出力の大きい発電源には課題が残されます。21世紀の焦点は、この課題解決に尽きるように思われます。日本の技術を結集し、より積極的な研究開発を推し進める時が来ています。

(立川地区の風車)

今年は、「戌年」で一二支の中で11番目にあたります。季節で言えば晩秋に例えられ、時間をかけて育ててきた作物を収穫する時期と言われています。また、犬は、社会性があり忠実な動物で、お産が軽いとされ「戌の日」が安産の吉日と言われます。さらに、トップリーダーよりサブリーダーとして役割を発揮し、勤勉で努力家ともあります。勤勉と努力を心掛け、実りある一年でありますよう願う次第です。
8557671979



見てけらっしゃい過去ログはこちら

log_img
Copyright © Katsu A technical design. All Rights Reserved.
〒999-3711 山形県東根市中央一丁目8番19号